黄鉄鉱化(パイライト)アンモナイト Crucilobiceras

7,700(税込)

・学名:Crucilobiceras sp.
・産地:Charmouth Dorset, UK (ジュラシックコースト)
・時代:ジュラ紀(約1億9960万年前~1億4550万年前)

◆化石産地について
ジュラシックコーストはイギリスの南海岸。世界遺産「ドーセットと東デボンの海岸」の一部です。化石産地として有名なライムレジスやチャーマスといった町が含まれます。
1811年、まだ恐竜や魚竜といった概念のない時代にイクチオサウルスの全身骨格が最初に見つかった化石産地としても有名です。当時12歳(13歳という説もあり)の“メアリー・アニング”と兄のジョセフが発見したといわれています。

◆なぜアンモナイトが黄鉄鉱化したのか?
硫化水素に富んだ酸素の少ない海底などでは、アンモナイトなどの殻の石灰成分が長い年月をかけ、硫化水素や海水と反応し、黄鉄鉱に置換されることがあります。
酸素の少ない海底では微生物による分解なども進行しずらく、保存状態のよい化石となることが多いようです。

在庫1個

より良い商品の紹介 …