×

CATEGORY

イベント情報

KASEKIYA出展予定
・次回のKASEKIYA出展
イベントは
2018年12月14日~17日
東京ミネラルショーです

2018年 主なミネラルショー・ミネラルフェアなどのイベント一覧(2018年7月分まで)

KASEKIYAブログ
Tシャツ
4コマ漫画
2018年1月末 
新★KASEKIYA劇場連載スタート 

CATEGORY

CONTENTS

T.G.WORKS
d-torso
 
HOME»  世界の化石産地・イベントなど 旅のレポート»  2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館(Bürgermeister-Müller-Museum)

2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館
(Bürgermeister-Müller-Museum)

2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館
ゾルンフォーフェン(ゾルンホーフェン)にある老舗博物館!
館内はリニューアルされていて、展示も見事。

始祖鳥・ゾルンフォーフェン標本を所蔵・展示しています。

Bürgermeister-Müller-Museum 公式サイト
http://www.solnhofen.de/index.php?id=0,49



ホルツマーデンで化石採取をした後、
ゾルンフォーフェンにむかいました。

そこで、昨年(2015年)にも訪問した、
メルンスハイムの化石採取場やジュラ博物館などを訪問したのち、
急きょ
ゾルンフォーフェンにある
Bürgermeister-Müller-Museum(通称、ゾルンフォーフェン博物館)にも行ってきました。

当初行く予定ではありませんでしたが、同行者の方が
是非行きたいということで、時間もあったのでドライブがてら立ち寄った博物館です。

2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館
途中の風景

アルトミュール渓谷

石灰岩の岩山が沢山あります。


2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館
博物館の外観

ゾルンフォーフェンの列車の駅のすぐ近くにありますので、
レンタカーじゃなくても行きやすいと思います。

2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館
館内は近年、リニューアルされたらしく、
綺麗です。

展示されている化石もさすがに見事!


この博物館の目玉はこちら


2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館
始祖鳥 ゾルンフォーフェン標本 (本物ですよ~)
1960年代に発見された6体目の始祖鳥の骨格化石です


そして、もう一つ大物が!

2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館
↑保存状態が良すぎて作り物見みたいに見えますね(笑)

これは、2012年に新種として報告された
小型恐竜スキウルミムス・アルベルスドエルフェリ(Sciurumimus albersdoerferi)です。
写真だとわかりずらいですが、全身を羽毛でおおわれた跡があります。

ただ、実はこの博物館にあるこの標本が本物なのか、レプリカなのかが正直不明なんです。

スキウルミムスが現在どこの博物館や研究機関などに所蔵されているのか、
日本に帰ってからネットでしらべてみたのですが、わかりませんでした。
博物館で見たときにはレプリカではなく本物のように見えましたが・・・?
博物館の公式サイトのトップのスライドショーにもスキウルミムスの写真が流れるので
やっぱりこの博物館が所蔵しているのだろうか?
(知っている方がいたら、教えてください)



2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館
↑始祖鳥の復元骨格模型

2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館
ギョリュウの化石はホルツマーデンのほうが有名ですが、
ゾルンホーフェン近郊でも産出するんですね!


ほかにも、始祖鳥の3D映像などもあり、
なかなか面白い展示でした。



2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館

2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館

2016年10月 ドイツ・ゾルンフォーフェン博物館
博物館の壁にも化石が発見できます。


さすがの老舗博物館!
素晴らしい標本だらけでした!